読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kのこころ

中学校教師から人材系ベンチャーへ転職した或る男の人生

広告のむなしさ

雑感

宅ふぁいる便を使っていて、ダウンロード後に出てくるポップアップの化粧品の広告を見て、いったいこれは誰に向けて広告してるんやろうと虚しさを感じました。

広告主はこのタイミングでここに広告出すことを期待しているんやろうか。

そしてそれにお金を払うことに納得しているんやろうか。

そう考えたときに、けっこう無駄な広告って多いなと。

電車の中で見かけた DODA転職フェア。

中田敦彦が講演するって、ぜったい転職に役立たないし。

小室哲哉が、強みは一つだけじゃなくて二つ必要とか言っても、そんなん説得力ないし、みんな言っていることだし。

転職つながりでいくと、転職サイトに登録すると来るスカウトメール。

ただのDMだし、「スカウト」の意味わかってます?って感じ。まして「オファー」します、とかむなしく響くだけ。

松屋のプレミアム牛めしとか、注文したら「並一丁」っていわれるし。

プレミアムどこ行った?

 

話を戻しますが。

 

世の中、広告というか仲介というか、マッチングを生業にしている人がかなり多い気がしていて、昔はひとりひとりが自分の手で生産していたものが、生産しなくてもよくなった結果としてできた現象で、同じように今後人工知能で仕事がなくなるなんて言われているけれど、結局仕事がなくなった人たちが自分たちで何とかお金を得て生きていけるようなビジネスを作ってやっていくにちがいないと、そう思ったりするわけです。

一方で、オファー、スカウト、プレミアム、本物、手作り、○○さんの、みたいな言葉は巡り巡って使われて一般人の心をつかもうとしながら、そこに嫌気を感じて離れていく人もいるんだろうと思います。

そういった人たちに本当に何か残せるのは、仲介とかマッチングではなく、直接影響を与えるサービスなのではないかと。

 

何が言いたいかというと、今はやっている新卒向けのオファーボックスみたいなサービスも、次第にすたれてきて、また別の本質的な解決に至らないサービスが出てきて、結局既存の盤の広さでアタック25をやっているかのごとく、の繰り返し。でも、そもそも盤を広げたり、盤を変えたりしましょうよ、というのが本質的な解決に至るサービスであり、直接影響を与えるサービスなのだろうと。そういったものにかかわる人生でありたいし、携わってみたいと思ったのでした。

謎めくアドバイス

雑感

人の話を聞いていて、だいたい素直に聞いてしまう性分です。

ですが、たまには「?」と思ってしまうアドバイスもありまして。

 

それは

「起業するつもりやったら〇〇さんと名刺交換しておいたほうがいいよ」

というやつです。

 

一回いわれたときは「あぁ、そうか」ぐらいに思いましたが、

そもそもを考えると、

起業が好きな人とか、起業ありきの人とかみたいな、

起業が「ゴール」な人であったり、

ゴールがはっきり定まっていて、そのための手段として

起業があることが見えている人であれば、

言っていることはわかるんです。

 

でもそんな人、多くないと思うんですよね。

 

というか、

そこまではっきりしている人は言われる前に動いているだろうし、

動いてなければ起業なんてできないだろうし。

 

このアドバイス、

誰にとって効果ばつぐんなのだろうか、

と引っかかるのです。

キャリアを描けない理由

キャリア 教育

JRで東京経済大学の下記広告を見て思ったのですが。

 

①これは東大の進振りと形式は同じ

②おそらく目的意識がない学生が多くて大学も困っている

③そもそも大学って目的意識なく行くものではないと思う。昔どうだったかというと「もっと勉強したい」のレール上に大学があったはず

④勉強するという動機には、ひとつには生活に関してそれまで経験してきた強い劣等感なり違和感なり負の感情があって、その反動で動機形成するものだと思うが、きっとそれはない。そしてそれがある家庭は経済格差によって高等教育を受けられない。

⑤では生活以外のなにかしら経験を経て勉強にモチベーションを持っているかというと、それもなさそう。自らの体験として経験することが多くなく、ほとんどがネットなどの2次情報のみで知る。経験していたとしても、多くが自分の興味ではなく与えられるもので、吸収率も悪い。その経験を意味づけすることが難しい。

⑥かくして「普通に生活できる」以上の家庭の子は周囲がそうするように、そして親がそういうように、大学まで進んで、自由度が上がって自分で選択できるようになった時に困る。

⑦それには、大学入学までにあまりにも選択する経験が少ないのも一つあるかもしれない。

 

www.tku.ac.jp

世の中のシステムは実は数種類のパターンでできている

雑感

のではないかとふと思いました。

 

70年周期で変革が起こっているという説があるらしいですが(神田昌典氏)、ぐるぐる変わるという話は、地形輪廻だったりオセロの一連の流れだったり(最初は陣をとれるだけ取っていくがそのうち置くところがなくなってきてニッチな攻め方になってたまにどんでんがえしがあるけれど最終的にはマスの数は決まっているので収斂していく)いろいろなところで同じ状況があると思います。

 

話は変わって派遣にしても、直接やり取りせずに仲介する会社なり人なりがいて、成り立っているというのは、まるで花の受粉の過程のようで。

 

もちろん進化の過程での弱肉強食のようなところはいわずもがな。

 

自然界での(あるいは人間を含めた歴史での)システムから学べることはまだまだたくさんありそうです。

 

と考えたときに、今やっていることが将来の何に役立つかなんて、わかるはずがないのに、今から綿密な計画を立てることが微妙だと思うし、むしろ一見無関係に思えるキャリアを積むほうが、ゆくゆく面白い人物になれる可能性を秘めているんじゃないかと思ったりもするのです。

「最高のチーム」の作り方

2016年日ハムが日本一になって、個々の選手もさることながら、栗山監督の考えにも興味があって(学芸大学出身だし)、購入した一冊。

 

勝つために、はまらなければならない手を打った

「勝つ」というゴールを設定し、そこに至るにはどういう状況にならないといけないか、逆算して日本一を手繰り寄せた、という話です。決して「はまったから勝った」のではない、と本書では言及しています。当たり前ではあるが、言葉にして普通に出てくるかというと、習慣づいていないと難しいだろうなと感じました。

 

能力がある人はほかのところで勝負しようとしない

西川がいつからか金髪でなくなったという話で出てくる言葉です。ここに賭けると思った人間は、見た目とかほかのところに気を使っている場合じゃなくなるから、髪の毛の色にも気を使わなくなる、という話でした。ちなみに西川はバッティングにカッコよさを求めるのではなく、相手投手に何球も投げさせて、全速力で走って、嫌がられて、という自分の長所を使ってチームに貢献するのがいいと悟りだしてから、髪の毛の色が金髪でなくなった、とか。なんとなくわかる。

 

日本一は目標だが、目的ではない

最高のチームにするのに日本一は必要条件、というのが無意識にとらえていたことだったので、この言葉を見たときに、日本一になれなくても目指す最高のチームにはなるんだな、とふと感じました。このように、無意識に必要条件と思っていることって、世の中にたくさんあるような気がします。

その「エンジニア採用」が不幸を生む

読書

この本はエンジニア採用について、筆者が実情を踏まえ生々しく書いており、エンジニア採用がどういうものかさっぱりわからない人にとっては格好の入門書だと思う。

 

ただ、自分が印象に残った部分としては116ページから120ページや254ページで言及されているような、いわゆるキャリア教育について触れているところです。

筆者いわく、エンジニアになることをきめたのはだいたいが就職する段階においてで、その決め方も大学受験時に数学が得意だった、今は理系だ、じゃあエンジニア、ぐらいの理由で決めている、とのこと。そもそもエンジニアとしてのキャリアアップを高校時から考えるような教育はほぼなされていないと指摘しています。

 

これについては指摘の通りで、エンジニアどころかすべての職種においてでできていないと思います。ただ、エンジニアという社会的に不足感の強い職種において、いわゆるキャリア教育が喫緊の課題というのは理解できる話です。

 

なぜ現行の教育と並行してキャリアを考えるような機会を与えることができないのか。

 

担っている現場の方々の意識、見識、時間など様々な点で工夫、検討できることがあるんじゃないかと思っています。

年末

ということで、次の1年に向かって振り返りをしています。

新しいパソコンでやる気も向上。

2017年もがんばるぞ。